現状のまま売れます
近年、中古住宅には新築物件にはないぬくもりがあると、人気が高まりつつあります。
なかでも昭和初期の建物は店舗としての注目度が高く希少物件として扱われているほど。しかし逆に家を売りに出そうと思われる方は、そんな人気を知ってか知らずか費用をかけて建物を壊し、更地にして売買する方法がベターと思われている方が多いようです。
そこでココハウスでは、わざわざ高い費用をかけて家を壊してしまう(スクラップ&ビルド)事をせずに、なるべく現状のまま建物に手を入れないよう低コストで再生させ(アンチスクラップ&ビルド)売り手買い手の双方から満足して頂けるスタイルを目指しています。
地域生産地域消費は不動産業界でも重要な課題です。ココハウスでは、葉山周辺で活躍する腕のいい職人達と連携を持っているため、分離発注が可能です。そのため中間マージンが発生せず、出来る限りのコスト削減に努めて低コストで補修を行える様にしています。
大工、内装、板金、建具、畳屋、電気屋など小さなトラブルから大規模修繕までそれぞれのエキスパートたちが揃っているため、必要最低限の工事で資産価値や個性を最大限に引き出せるよう修復し販売することを提案致します。
物件の個性をセールスポイントにそれぞれの家にはストーリーがあります。


家の売買は数多くの方々に購入したいと思われる事よりも、探している方にその物件独自の価値が認められることが重要です。つまりひと組のお客様に魅力を感じていただければ売却は成立するのです。
たとえばその土地が車の通らない道に面してる、または何十段もある階段を登る場所に建っているなどの特徴があるとします。しかし、眺めや風通しが良いとか好きなスポットが近い、建物の雰囲気が良いなど評価の対象は様々です。
ココハウスにはアクセスが多少悪くても緑に囲まれた古い家を希望される方など、個性的な物件をお探しのお客様から多くのお問い合わせをいただいています。
自然豊かな海や山々が葉山の魅力ではありますが、その分道が細いことや傾斜地が多いなど、このエリア独自の事情をきちんとご説明してご納得して頂いた上でご購入いただける事を常に心がけております。